生理の基礎知識

女性には避けて通れない避妊と不妊の問題。

それの基本になるのが生理。むか〜し学校で習ったな〜って方も、

今学校で習ってるよって方も、もう一度改めて生理について見直してみませんか?

もしかしたら、新しい発見があるかも・
・・

生理の周期と期間 注意点 排卵 量について
生理の順調な人 生理の不順な人

生理の 周期と期間
周期の数え方

前月の生理開始日から次の月の生理開始日の前日までの日数を数えます。

例えば、先月(30日とする)の生理開始日が20日で、今月の生理が19日に始まったとすると、

20日〜30日までの11日間と次に始まった19日の前日、18日までの18日間をプラスします。

つまり、11日+18日=29日となり周期が29日周期だと仮定できます。

 周期の一般的な日数

周期(cycle)は一般的に、25から38日その変動が6日以内です。

 生理の期間

期間(period)は一般的に、3から7日間です。

 排卵

排卵する日を知るためには、基礎体温を測る必要があります。

Top
注意点

 生理の順調な人

月経が順調でも排卵していないことが有ります。
(排卵の有無は基礎体温から知ることが出来ます)

無排卵周期症
(見かけの月経は有るが排卵していない 将来の不妊)

排卵の障害です。

基本的なエストロゲン(女性ホルモン)の分泌は保たれていますが

排卵が起らない、この出血はエストロゲンのみで育った子宮の内膜が

支え力を失って出血として現れているだけなのです。

  
不妊治療でない限り 排卵を起こす治療はおこなわなくていいでしょう。
   しかし 将来のことを考えて 漢方治療や生活の改善で治療をお勧めします。
   勿論妊娠はしません。でも必ず毎回無排卵かどうか判りません。
    赤ちゃんが必要のない方は避妊を怠ってはいけません

 生理の不順な人

排卵が起っていることも有りますが、多くには排卵障害が有ると考えられます。

排卵が一定していため、基礎体温をさかのぼって、次回の排卵日を推定することや

避妊の期間を設定することが難しくなります。

排卵が有ればホルモン治療はしません。
漢方や生活指導等で体質改善をすることになります。

**赤チャンが必要のないかたは常に何らかの避妊をする必要が有ります。

Top
排卵

月経周期によって排卵日がちがいます。

排卵日は月経開始から12日から15日目が多いのですが、

月経周期が25日の人は月経開始から10日目には排卵が起っている可能性が有ります。

月経が7日続いたとすると、その3日後にSEXすると赤ちゃんが出来るということです。

 “月経が終わった後 1週間は妊娠しない“だから安全日、と考えていたらキケン!

逆にその頃排卵するから、赤ちゃんを作ろうと思っている人も無駄な努力です。

月経周期がもう少し長い人でも排卵日は個人個人違います。

やっぱり基礎体温が必要となります。

**妊娠の条件は、排卵が有ることです。
妊娠を望まれる方は、まず排卵の有無を知る必要があります。

Top
量について
何と比べるかが問題で、あくまでも自分の判断です。

月経中の活動に支障が出るのなら、排卵の有無に関わらず治療が必要です。

■ 月経量が多い
   固まりが出る  8日以上続く 
  
 子宮内膜症や子宮筋腫の可能性も有ります。検査が必要

内診(必ず必要では有りません) ・超音波での検査
 
■ 月経量が少なすぎる

    2日以下で終わる 急に少なくなった

ホルモンの以上が有るかどうかは血液検査や、基礎体温の評価を受けて下さい。

**分娩を期にすくなくなったという方が多いのですが、
基礎体温上で異常がなければ安心してください。 


Top
    

監修 医学博士 田所 千加枝